小6年生のプログラミング授業の様子を報告します。
授業の前半では、タイピング練習・ローマ字練習をしてキーボード入力に
慣れて頂くところから行っています。
最終的には、キーボードをみないで入力できるようになります。

授業の後半では、前回のプログラミング作品の復習をして、思い出しながら
自分で考えて、試行錯誤しながら作製します。
ここで、自分で考えながら試行錯誤するのが一番大切ですね!!
復習ができたら、新しい技を教えて自分で作製したい作品をつくります。

最後に、パワーポイントでやった内容を自分で資料にしてもらいます。